Got created the universe

統合お断り。笑

 
この記事を書いている人 - WRITER -
樂姫
ツインレイと出逢い、いよいよ執着を手放し自分らしく生きていくこと、表現していくことをはじめようとしていたその時、思ってもいなかった人と繋がりました。そしてツインレイでなければ起こらないことも経験し、彼をトリプルレイというのかわかりませんが、とにかく天は急がれておられるように感じ、わたしの体験とお伝えしたいことを綴っています。必要な方に届きますように。。

こんにちは。樂姫です。

 

 

 

今日は久しぶりにトリプル?の事について書いていこうと思います。

 

 

 

日々、わたしの内側に居たツインレイとひとつになっていく中で、現実の世界でもツインレイに影響を受けない状況になり、トリプル?はどうなのか、というと、トリプル?からも影響を受けなくなっています。

 

 

 

 

そもそも、わたしの出逢ったトリプル?がトリプルレイか?といったら、最初に感じていたように、わたしは、トリプル?の彼には、この世界に肉体がないツインレイがいて、エネルギー的に必要があって、わたしがたまたま繋がれたように思います。(トリプル?が生命の危機的状況だったので)

ツインレイプログラムの大幅な変更の理由

 

 

 

それで、トリプルのあとに?をつけてます。

 

 

 

ブログのタイトルにまで、トリプルレイを使っておきながらなんなのですが(笑)、わたしたちは、やっぱり3つ子ではないと思っています。

 

 

 

 

ただ、なのに、なぜか性エネルギーが対等なのです。まぁ、逆にだから繋がったのかもしれませんが。。

 

 

 

 

対等というのは、わたしの感覚ですが、クンダリーニです。

 

 

 

 

多分、性エネルギーが爆発するのがクンダリーニで、肉体的にこれを起こせ、耐えられるのが、ツインレイやトリプルレイなどなのかなぁ?って。

 

 

 

 

エネルギーが対等でなかったら、こんな反応は起こらないし、例えば起こっても、どちらかの肉体が耐えられなかったりするのでは?と思っています。(だから起こらないように出来ている?)

 

 

 

 

わたしとエネルギー交流がはじまり、トリプル?だけクンダリーニ覚醒しました。

 

 

 

わたしは起こってませんが。

 

 

 

 

それで、彼はクタクタだといいながらも、以前に増して、積極的な活動を続けられていて、その活動は世界規模になってきています。

 

 

 

 

そんな中で、トリプル?と再会する機会が与えられました。

 

 

 

 

でも、わたしの中で会うことに、もやもやを感じたんですね。

 

 

 

 

このもやもやは、なんなのか???

 

 

 

 

次に再会したら、「肉体的に統合されるだろう」

 

 

 

 

そう感じたんです。

 

 

 

 

それは…怖い…

 

 

 

 

なにが怖い???

 

 

 

 

「ツインレイ以外の人と、統合する怖さ」でした。

 

 

 

 

肉体関係を持つことなど、子どもも3人産んでいるし、怖さなんて今さらなんですが。笑

 

 

 

どうやら、ツインレイに出逢ってから、肉体関係を持つことの大きさというか、深さというか、そんな簡単なものではないことを、どこかで氣づいてしまったのです。

 

 

 

現実世界では、ただ肉体関係を持つだけに見えますが、それは肉体だけにとどまらず、精神や魂も影響を受け、記憶し、場合によっては、逆にカルマを背負うことになったりして、それが性を象徴する臓器に影響を与え、病氣になったり、という事が起こるのも、わかる、って感覚なんです。

 

 

 

ただの肉体的な快、不快しか知らなかったわたしですが、ツインレイに出逢ってから、エネルギー交流などで、肉体を介さなくても受け取る、エネルギー情報というものが存在し、それに敏感になったため、肉体など直接的に使う「まぐわい」になったら…どうなってしまうやら。。

 

 

 

「まぐわい」は、良くも悪くも、与える影響は個人レベルではなく、宇宙にさえ影響を与える行為なのだと思うのです。

 

 

 

トリプル?とは、こういう良くない事は起こらず、多分、肉体的に統合したらわたしにクンダリーニ覚醒が起こるって感じます。

 

 

 

トリプル?もそう思っているみたいです。

 

 

 

でも、頭でごちゃごちゃ色々考えてしまうのは置いておいて、「それを望むのか⁈」というそもそもの部分で言ったら、答えは、NOでした。

 

 

 

ツインレイに内側も外側も影響を受けなくなっても、結局、わたしは、ツインレイ以外の人と、統合やクンダリーニ覚醒は望んでいませんでした。

 

 

 

 

ツインレイとでなければ、統合しなくていいし、覚醒しなくていい。そんなものは、なんの意味も持たないのだと氣づきました。

 

 

 

 

ツインレイと自分の境目がわからなくなって、わたしにとってツインレイってなんなんだろうな~?って思っていましたが、やはり、自分にとって「ひとつ」なのは、ツインレイなのです。

 

 

 

恋愛感情がなくなると、彼を想って「切ない」とか、「キュンキュンする感覚」とかなくなってしまい(これは恋愛だから感じられるんですね)その感覚が愛だと思っていたので、それが感じられなくなると、自分が今、彼をどう思っているのか、いまだ、よくわからなくなってしまいますが、なんでも「しっくりくる」のは、ツインレイの彼、ただ1人です。

 

 

 

そんなことを再確認し、「怖くて逃げる」ことになるのかもしれませんが、それでもやっぱりしっくりくる事を選択するために、トリプル?との再会は、お断りしました。笑

 

 

 

あのエネルギーが起こってしまったら、断れる自信もないので(情けないですが。笑)会わないのが1番。

 

 

 

以前は、宇宙の采配ならって思っていましたが、それはいいわけでした。

 

 

 

トリプル?に役立つ?ことで、わたしは、自分に価値を感じていたんです。

 

 

 

でも、宇宙の中心は「わたし」で、わたしが心地よく、しっくりくる形を選択していくことが大切。

 

 

 

トリプル?は、寂しそうにガッカリしていましたが、仕方ないですよね。笑笑

 

 

 

こうやってツイン女子は、少しずつ、誰かに聞かなくても、自分の中にある「こたえ」を見つけることが上手になっていくのです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
樂姫
ツインレイと出逢い、いよいよ執着を手放し自分らしく生きていくこと、表現していくことをはじめようとしていたその時、思ってもいなかった人と繋がりました。そしてツインレイでなければ起こらないことも経験し、彼をトリプルレイというのかわかりませんが、とにかく天は急がれておられるように感じ、わたしの体験とお伝えしたいことを綴っています。必要な方に届きますように。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ツインレイトリプルレイ journey , 2019 All Rights Reserved.