Got created the universe

愛するものと共にある

 
この記事を書いている人 - WRITER -
樂姫
ツインレイと出逢い、いよいよ執着を手放し自分らしく生きていくこと、表現していくことをはじめようとしていたその時、思ってもいなかった人と繋がりました。そしてツインレイでなければ起こらないことも経験し、彼をトリプルレイというのかわかりませんが、とにかく天は急がれておられるように感じ、わたしの体験とお伝えしたいことを綴っています。必要な方に届きますように。。

こんにちは。樂姫です。

 

 

 

先日の、統合をお断りしてから、じわじわと、本当に最高の決断をしたと、清々しさを感じはじめています。(ひどい?笑)

 

読んでない方はこちらからどうぞ  統合お断り。笑

 

 

 

多分わたしにとって、ここは分岐点であったように感じています。

 

 

 

トリプル?に再会した時点で、今とは違う未来のパラレルが発生していたような…

 

 

 

そちらを選択したら、取り返しがつかなかったような…

 

 

 

 

でも、時々感じるのですが、進むべき道である時、天からのサポートもあるのか、勝手にスムーズに事が進む事が多いです。

 

 

 

前回、トリプル?に会ってエネルギー交流がはじまったのは、自分の意思というより、トントンと物事が運ばれていきました。

 

 

 

しかし、今回は、時間や場所などにキツさがあったり、何よりわたしはその少し前から風邪っぽくなって体調もイマイチでした。

 

 

 

色々スムーズではないことも、道が違うと示されているように感じていました。

 

 

 

自分の心の声に氣づくと同時に、周りの状況が、今、自分は流れの中にいるのか?と、見極めることも上手になってきたような氣がします。

 

 

 

そして今朝、『愛するものと共にあること』という言葉が降ってきました。

 

 

どうやら人は、愛するものと共にあるだけで幸せを感じられるようです。

 

 

 

当然といえば、当然と思われるかもしれませんが、この場合の「愛するものと共に」の「共に」は、物理的に一緒にいることではないです。

 

 

 

言い換えたら、「大切なものに、寄り添う」ということで、それは自身の中で起こり、何の制限も受けないのです。

 

 

 

自分の大切にしたいものを、大切にし、そこに寄り添う、そんな感覚。。

 

 

 

そして寄り添うためには、一度受け入れられなければ、寄り添えない。

 

 

 

例えば、誰かを「助けたい」と思っていたらその人には、寄り添えない。

 

 

 

一度その人の置かれた状況が、どんなに悪い状況だったとしても、それもありだと受け入れる。

 

 

 

それがありだと受け入れて、はじめてその人に寄り添える。この状態が、「愛するものと共にある」状態と言えます。

 

 

 

結局、ツインレイ と出逢った人は、まずは自分自身に寄り添えるように、自分との対話がスタートするんでしょうね。

 

 

 

よく、ツインレイ は、5次元の関係とか言われますが、最初は、5次元って??意味がわからない…って思ってましたが、少し前から、何となく、この今の3次元に、ツインとの関係は無いと感じていました。

 

 

 

関係がないというとわかりにくいですが、散々通ってきたサイレントなどは、本当のツインレイ の在り方ではないのだと理解しはじめています。

 

 

 

自分を浄化するためのホログラムでしかなかった、といったところでしょうか?

 

 

 

本当のツインレイ の在り方は、二元論を超えるから、この3次元世界にはないのです。

 

 

 

先ほども書かせていただいた、愛するものと共にある感覚こそ、本来のツインレイ の在り方なのかなって感じます。

 

 

 

うん、寄り添うって言葉が、とても近い氣がします。

 

 

 

今の地球の状況だって、まずは何より寄り添いが必要だと思います。

 

 

 

何かを変えようとしたって、寄り添いがなかったら、繰り返すか、さらにひどい結果になるでしょう。だって、寄り添いがなかったら、二元論のままだから。。。

 

 

 

愛するものと共にあることは、二元論を超えられる。

 

 

 

それに氣づき、この世界へ示していけるのは、真実の愛に辿り着いた、ツインレイ たちだとわたしは思います。

 

 

 

そしてそれこそが、ツインレイ の使命ではないでしょうか?

 

 

 

本当に、自分がツインレイ に出逢って思うのですが、こんなにも次元の違う「愛」について知る事ができるのは、「もう一人の自分」と出逢えたからです。

 

 

 

いっぱい苦しい思いもしましたが、この出逢いは、「奇跡」そのものです。

 

 

今日は、この「奇跡」にも寄り添ってみようと思います。笑

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
樂姫
ツインレイと出逢い、いよいよ執着を手放し自分らしく生きていくこと、表現していくことをはじめようとしていたその時、思ってもいなかった人と繋がりました。そしてツインレイでなければ起こらないことも経験し、彼をトリプルレイというのかわかりませんが、とにかく天は急がれておられるように感じ、わたしの体験とお伝えしたいことを綴っています。必要な方に届きますように。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ツインレイトリプルレイ journey , 2019 All Rights Reserved.