Got created the universe

揺らぎながらすべてと調和、統合していく

 
この記事を書いている人 - WRITER -
樂姫
ツインレイと出逢い、いよいよ執着を手放し自分らしく生きていくこと、表現していくことをはじめようとしていたその時、思ってもいなかった人と繋がりました。そしてツインレイでなければ起こらないことも経験し、彼をトリプルレイというのかわかりませんが、とにかく天は急がれておられるように感じ、わたしの体験とお伝えしたいことを綴っています。必要な方に届きますように。。

こんにちは。樂姫です。

 

 

今、『自立』『自己表現』というテーマの次に、『調和』というテーマがやってきています。

 

 

調和は、統合とも言えると思います。

 

 

統合って、最初聞いた時にはピンとこなくて、はあ?という感じでしたが、最近こういうことなのかも…と感覚として捉えはじめています。

 

 

ツインレイ と出逢って、わたしの世界は、離婚、住んでいた場所が変わり引越し、仕事もかわり、今までの人間関係もガラリとかわり、本当に崩壊していきました。

 

 

崩壊といっても、自分の本当の氣持ちを尊重していった結果で自分を取り巻く環境が変わっていっただけのことですが…

 

 

今は、自立、自己表現を中心に再生に向かっています。

 

 

そして、面白い?のが、なぜかそれが家族に影響を及ぼしはじめています。

 

 

どういうことかというと、わたしの実家の血の繋がりで繋がっていた、家族という形さえも崩壊していく方向にゆっくりと向かっています。

 

 

一見暗い出来事であると思いますが、みんなこれまで心に蓋をしてきたことが、もう見て見ぬ振りが出来なくなってきているんだなぁと感じています。

 

 

わたしとしては、家族がそれぞれバラバラになり、実家も解散!!となるかもしれませんが、それぞれがそれぞれらしく生きられるのであれば、それは喜ばしいことであるな〜と、思っています。

 

 

一緒に居続けることが、家族ではないという感覚が強くなってきていて、たとえ家族でも無理して一緒に居るのなら、一緒に居る必要もないと思います。

 

 

離れたりくっついたりしながら、形を変えてもいいと思うし、お互いが幸せを感じられる距離でいられたらいいと思います。

 

 

これはツインレイ に学ばせていただきました。

 

 

現実世界である「カタチ」に囚われなくていいと言うこと。

 

 

それはこれからの人間関係でも、どんどん新しい「カタチ」が生まれていくのではないでしょうか。

 

 

わたしの実家の家族は、それぞれが今、どのくらいの距離感で付き合っていたら、みんなが心地よくいられるか?という距離感の模索中といったところです。

 

 

そして、根底にはちゃんとそれぞれを大切に思う愛があります。

 

 

これが調和であり、統合なんだと思います。

 

 

お互いの価値観を否定するのではなく、お互いを尊重しながら、従来からある「カタチ」に囚われずバランスをとりながら、新しい「カタチ」を生み出す。

 

 

そのために、今世界は揺らいでいる。

 

 

 

揺らぎは、時に苦痛を伴い、迷い、葛藤を生み、闇をあぶり出す。

 

 

でも、調和を取るために必要な出来事。。。

 

 

世界もわたしも、揺らぎの中で、最もバランスの取れるポイントを探している段階に入っている様に感じます。

 

 

自分の内側の男性性と女性性の調和、統合だけでなく、自分の内側と外側の世界とも調和、統合していく。

 

 

相反するものが、溶け合っていく。。。

 

 

調和のとれた世界は、どんなに優しい世界になるだろう???

この記事を書いている人 - WRITER -
樂姫
ツインレイと出逢い、いよいよ執着を手放し自分らしく生きていくこと、表現していくことをはじめようとしていたその時、思ってもいなかった人と繋がりました。そしてツインレイでなければ起こらないことも経験し、彼をトリプルレイというのかわかりませんが、とにかく天は急がれておられるように感じ、わたしの体験とお伝えしたいことを綴っています。必要な方に届きますように。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ツインレイトリプルレイ journey , 2019 All Rights Reserved.