Got created the universe

ツインレイ に光が届き始める

 
この記事を書いている人 - WRITER -
樂姫
ツインレイと出逢い、いよいよ執着を手放し自分らしく生きていくこと、表現していくことをはじめようとしていたその時、思ってもいなかった人と繋がりました。そしてツインレイでなければ起こらないことも経験し、彼をトリプルレイというのかわかりませんが、とにかく天は急がれておられるように感じ、わたしの体験とお伝えしたいことを綴っています。必要な方に届きますように。。

こんにちは。樂姫です。

 

 

 

令和になって、本当に新しい扉を日本は開いたようなそんな感覚があります。

 

 

「変容」はさらに加速していきそうですね。

 

 

 

それと同調するかのごとく、ツインレイ の彼のふか〜い闇に光が届き始めました。

 

 

 

ずっと光が届かなかった場所に…です。

 

 

 

これは、わたしからしたら、ずーーーっと願い、待ち望んできたことでした。

 

 

 

相手に意識を向けてしまっていた時、一体いつになったら彼は、自分自身の内側と向き合うのだろう??と、歯がゆく思う時期もありました。

 

 

 

でも、彼の恐怖は想像を絶するもので、例えツインレイ であったとしても、実際にその恐怖を共に味わうことは出来ず(きっとそれぞれの課題なんですね)つまり、わたしはなんとなく彼の闇みたいなものがあることは感じ取れていても、何もわかっていないんですね。

 

 

 

それなのに、再会できないことを、彼のせいにしていた…

 

 

 

かなり傲慢でした。。

 

 

 

彼への執着が手放せると、意識をツインから、常に自分自身へ戻せるようになりました。

 

 

 

ツインレイ の彼は、わたしの中に「ただ在るだけ」の存在に変わりました。

 

 

 

つまり、彼がどういう状況であろうと(内面が)それに自分の感情が揺れることもなくなり、わたし自身も、とっても楽になりました。

 

 

 

というのは、彼に意識がある時、「こんな自分では愛されない」という思いもちょくちょく顔を出していたんですね。

 

 

 

だから、『再会したいのに再会するのが怖い』というジレンマもありました。

 

 

 

まさに、「チェイサーでありランナーである」という状況ですね。。。

 

 

 

そんな思いからも解放されたので、さらに自分が「そのまんまで良い」と思い、認められるようになりました。

 

 

 

そして今は、自分の思い描く未来のベースを構築中で忙しく、でも楽しく進んで充実しています。

 

 

 

昔からずっとあった、謎の、朝目覚めたと同時に「また生きてる。死にたい。」という思いもいつの間にか湧いてこなくなりました。

 

 

 

話を戻しますが、先ほど書いたように、ツインレイ の闇に光が届き始めたことも、散々待ち望み、なにがどうなったらそうなるのか??

 

 

『奇跡がはじまった!!!』といっても過言ではない状況のなかで、昔のわたしなら、泣いて喜ぶお話だと思うのですが、今は、彼が楽になっていくことに「よかった…」と静かに思うだけで、そんな自分にびっくりしています。

 

 

 

今なら、バッタリと再会するようなことがあったとしても、逃げずに笑顔で再会できるような氣がします。(一度彼を見つけて逃げたことがあります。笑)

 

 

 

以前は、どうしたらいつ再会できるのか??などネットでいっぱい情報を集めたりしていましたが、きっとみんな、自分自身の中で、『再会』を赦せるタイミングを知っていると思います。

 

 

 

答えは、自分の中にあるって本当ですね。

 

 

 

あとは、天が二人にとって良きタイミングで…なのでは?と思っています。

 

 

 

ちなみに、トリプル?の彼からは、エネルギー交流がキャッチできなくなってから、連絡もパタリとこなくなっています。

 

 

 

わたしも、なんとなくそういう感じよね、と感じていて、もうトリプル?の彼とエネルギー交流することはないような氣がしています。

 

 

 

そして彼(トリプル?)なら大丈夫!!と思います。

 

 

 

また、現実的な部分で社会に働きかけるのに、ツインレイ とトリプルレイ?がつながる時期があるのかもしれません。

 

 

 

そうなったら、面白いな〜なんて妄想しています。笑

 

 

 

『令和』素敵な時代にしていきたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
樂姫
ツインレイと出逢い、いよいよ執着を手放し自分らしく生きていくこと、表現していくことをはじめようとしていたその時、思ってもいなかった人と繋がりました。そしてツインレイでなければ起こらないことも経験し、彼をトリプルレイというのかわかりませんが、とにかく天は急がれておられるように感じ、わたしの体験とお伝えしたいことを綴っています。必要な方に届きますように。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ツインレイトリプルレイ journey , 2019 All Rights Reserved.