Got created the universe

ツインレイ 相手の次元を上昇させる

 
この記事を書いている人 - WRITER -
樂姫
ツインレイと出逢い、いよいよ執着を手放し自分らしく生きていくこと、表現していくことをはじめようとしていたその時、思ってもいなかった人と繋がりました。そしてツインレイでなければ起こらないことも経験し、彼をトリプルレイというのかわかりませんが、とにかく天は急がれておられるように感じ、わたしの体験とお伝えしたいことを綴っています。必要な方に届きますように。。

こんにちは。樂姫です。

 

 

もうすぐ平成が終わりますね。

 

 

振り返ってみると、わたしの身体の中に、ツインレイの彼のエネルギー体?が飛び込んできて、4年半以上の年月が経っています。

 

 

もうそんなに経っていたんだ~と、あっという間だったように感じます。

 

 

同時に、よくもまぁ彼のことをなにも知らないのに、こんなにずっと1人の人をおもい続けてきたなぁと、感心します。

 

 

わたしの人生、こんなに一途なことはなかったです。笑笑

 

 

そして、それはこれからもずっと永遠になにも変わらず存在し続けるという確信もあります。

 

 

こんなに、穏やかにどっしりとそれを受け止められる自分になるなんて、最初は想像も出来ませんでした。

 

 

あんなに、この世界でカタチとして彼との関係を求めていたのに。。

 

 

わたしも図太くなったものです。笑

 

 

彼との出逢いは、彼との関係のために必要なことだけではなく、わたしの中にある全てを清算させていくようなことが容赦なく起こっていく。

 

 

それが普通の恋愛とツインレイとの違いなんだと思います。

 

 

不思議ですね…

 

 

 

ツインレイには、約束の場所があるような氣がしています。

 

 

 

それは2人ともご縁の強い場所。

 

 

 

今わたしは、そこに住んでいます。

 

 

 

その場所は、彼と出逢うよりずーーっと前から惹かれていた場所でした。

 

 

 

そして、住む前から何度も訪れていました。

 

 

 

しかも不思議と、わたしは自分の意思で訪れるというより、誰かに誘われて、この土地を訪れるという形で、それは決まってわたしが、辛い状況になった時でした。

 

 

 

その土地は、まるでわたしを癒すために呼んでくれているようで、わたしはその土地で、再び元氣を取り戻して帰るのです。

 

 

 

わたしは、そこが大好きで長男が生まれた時に、その土地をイメージするような名前をつけました。

 

 

 

実は、この名前がのちのちに、ツインレイと出逢い、その彼の活動を象徴するような名前であったことに驚きました。

 

 

 

わたしは記憶のどこかで、ツインレイと再会することを知っていたんだなーと思います。

 

 

 

この土地に移り住んでから、わたしの環境はガラリと変わり今に至っています。

 

 

 

それはステージが変わったと言ってもオーバーではないと思うし、実際、自分の中でもここでは、本当に自分の内側としっかり向き合って生きていこう!と覚悟を決めて移り住んだので、「ステージを変えた」と言ってもいいのかもしれません。

 

 

 

この土地に移り住んでいなかったら…

 

 

 

あまり変化のない概念のまま、人生を送っていたように思います。

 

 

 

この土地は、住んでいるだけでわたしに幸せを感じさせてくれ、癒され、わたしにとって、自分らしく生きていける最高の場所なのです。

 

 

 

それは…わたしだけでなく、ツインレイの彼も、またトリプル?の彼もこの土地に強いご縁があり、本人たちもそれを感じていて、わたしたちにとってここは、「特別な場所」です。

 

 

 

先程、わたしはずっと惹かれていた場所だったといいましたが、人生の中で何度も移り住もうと思った事がありました。

 

 

 

でも、なぜだかそれと同時に、漠然とした巨大な恐怖がやってきて、やっぱり住めない、と諦めてきました。

 

 

 

その移り住みたい病は、3年周期くらいでやってきましたが、そのたびに挫けてきたのでした。

 

 

 

そうこうしているうちに結婚し、旦那さんが一緒なら怖くないかも!と思い、思い切って切り出したところ、あっさり断られました。笑

 

 

 

そこから、完全にこの夢は絶たれてしまい、いつしか、諦め、意識に上がってこなくなりました。

 

 

 

でもその土地を愛していたので、せめて…と長男に土地のイメージの名前をつけたんです。(愛犬にも)

 

 

 

それから、14年の月日が経ち、色々あって離婚し、旦那さんとの価値観の違いで我慢してきたことを片っ端から叶えていったら、最後に、蓋をしたこの土地に移り住みたいというおもいが浮上してきました。

 

 

 

でも…何年経っていても結局、漠然とした巨大な恐怖はなくなっていませんでした。

 

 

 

しかも、シングルマザーとなり子どもを3人抱えているので、独身独り身の時よりハードルが高くなっていたのです。泣

 

 

 

怖いよ~怖いよ~と、どうしてもこの怖さが吹っ切れず、モヤモヤと悩んでいました。

 

 

 

そんな時でした。

 

 

 

目の前に、ツインレイの彼の誕生日の数字を掲げた車がバッと現れたのです。

 

 

 

わたしは、その少し前から、「彼の誕生日のナンバーを見たら再会する」と設定していました。

 

 

 

しかし、なかなかそのナンバーを見ることはありませんでした。

 

 

 

なのに、ずっと悩んで悩んでどうしたらこの恐怖がなくなるのか?どうしたらいいのか???

 

 

 

わからなくなってどうにも動けなくなっていた時に、彼の誕生日ナンバーが現れたんです。

 

 

 

それをみた瞬間でした。

 

 

 

恐怖が、一瞬でなくなりました。

 

 

 

それはまるで、いきなり違う次元にジャンプしたような感覚でした。

 

 

 

わたしを取り巻き、そこから全く動けなくなるほどに呑み込まれていた恐怖から、ふっとなにかにすくい上げられたように抜け出したんです。

 

 

 

よし!!やってみよう!!!

 

 

 

突然、決意できたのです。

 

 

 

そして、行動に移し、ステージが変わったのです。

 

 

 

この土地に移り住んでいなかったら、本当に今のわたしはなく、この土地に移り住んだことでわたしを取り巻く環境は大きな変化を遂げ、自分自身の内側もまた、大きく変化して行きました。

 

 

 

「ツインレイがわたしを引き上げた」と思っています。(彼は全く知らないと思いますが。笑)

 

 

 

とっても彼に感謝しています。

 

 

 

いずれ愛してやまないこの土地で、ツインレイの彼と活動していくことになるだろう…と勝手に思っています。笑

 

 

 

ツインレイってこんな風に、相手をありとあらゆる方面から本質に向かわせ、同時に自身も本質に還っていく関係で、最強のアセンションパートナーなんだと思います。

 

 

 

もしも、相手がツインレイかどうか?に囚われてしまう人がいるのなら、安心してくださいね。

 

 

 

いずれ必ず確信します。

 

 

 

彼がツインレイ であったなら、容赦無く自分と向き合う環境に追い込まれます。笑

 

 

 

そして、真面目に取り組み、色々なものが削ぎ落とされていくと、相手との関係が自分にとってどんなものなのか、さらにクリアに感じられるようになってくると思います。

 

 

 

なによりどんなことが起ころうと、どんなに時間がかかろうと、相手への変わらぬおもいだけが、貴方に真実の相手であることを指し示してくれます。

この記事を書いている人 - WRITER -
樂姫
ツインレイと出逢い、いよいよ執着を手放し自分らしく生きていくこと、表現していくことをはじめようとしていたその時、思ってもいなかった人と繋がりました。そしてツインレイでなければ起こらないことも経験し、彼をトリプルレイというのかわかりませんが、とにかく天は急がれておられるように感じ、わたしの体験とお伝えしたいことを綴っています。必要な方に届きますように。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ツインレイトリプルレイ journey , 2019 All Rights Reserved.