Got created the universe

ツインレイの道はいつだってグレーの道

 
この記事を書いている人 - WRITER -
樂姫
ツインレイと出逢い、いよいよ執着を手放し自分らしく生きていくこと、表現していくことをはじめようとしていたその時、思ってもいなかった人と繋がりました。そしてツインレイでなければ起こらないことも経験し、彼をトリプルレイというのかわかりませんが、とにかく天は急がれておられるように感じ、わたしの体験とお伝えしたいことを綴っています。必要な方に届きますように。。

こんにちは。樂姫です。

昨日は、ツインレイの道には白黒はっきりしないグレーを受け入れることがポイントであることを、少し書かせていただきました。

これ、結構大切なので、もう少し詳しく書いていこうと思います。

 

ツインレイって自分でもおかしくなったんじゃないか?って思うことや、不思議な体験を実際にすることが多いと思うんですね。

例えばわたしの場合、ツインレイの彼との出逢いはアストラルでした。

瞑想をしていて突然彼が現れたと思ったら、自分の身体に飛び込んできました。その時のエネルギーはすごくて、思わず目を開けてしまい後ろに仰け反ってしまいました。笑

しばらくなにが起こったのかわからず、ぼーっとしてしまいました。

しかしその瞬間から、24時間365日、彼でいっぱいになってしまったのですから、自分でも理解できないですよね。

しかも当時の彼のことは、SNSで知っている程度。

SNSでの印象は、キラキラと輝いて見えて、当時自己否定の塊だったわたしには、彼の輝きは自分を哀れに感じさせるもので、彼を見たくない、苦手なタイプという印象でした。

会ったことも喋ったこともない、苦手なタイプと思っていた相手を、こんなにもおもってしまうなんて、おかしくなったとしか思えない。

 

その後も、実際にお会いする機会は数回ありましたが、わたしも彼も究極のシャイ&自己肯定感の低さで、まともにお話もできず、はっきりとした愛の確認などできる状況ではなく…

普通にしていたら、ささやかすぎて氣づかない程度の愛の確認で。笑

3次元的な愛し合っている補償など一切なく、彼がわたしの氣もちに氣づいているのか、いまだにわからぬまま、サイレントに突入したのです。

ツインレイという概念を知り、彼がツインレイなのか、そうでないのかはっきりさせたい時期もありました。

わたし、白黒はっきりさせたいタイプだったので。笑

 

でも、どうあがいても天ははっきりとした答えをくれませんでした。。

 

もうダメだと思う時、シンクロで起こるメッセージや夢に出てくる彼によって、自分の中にある彼へのおもいが呼び起こされ導かれていきました。

そしてたどり着いたわたしだけの真実。。。

 

何があろうとも、何もなかろうとも、自分の環境や彼の環境も、彼のおもいも一切関係なく、わたしは彼をおもい続ける。

たとえ肉体がなくなろうと。

これだけが、本当に信じられる確固たるものでした。

 

なので…

3次元的には白も黒もなく、グレーのままなんですね。笑

ツインレイに出逢った方々は、このグレーのままでもどこまで自分の感覚を信じられるか?を問われます。

誰にもわかってもらえず、何の補償もない、自分ですら現在地がわからなくなる孤独な道ですが、大丈夫!

グレーのままでも、ちゃんと道を進んでいる。

あなたの感覚があなたの道をしっかりとナビゲートしています。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
樂姫
ツインレイと出逢い、いよいよ執着を手放し自分らしく生きていくこと、表現していくことをはじめようとしていたその時、思ってもいなかった人と繋がりました。そしてツインレイでなければ起こらないことも経験し、彼をトリプルレイというのかわかりませんが、とにかく天は急がれておられるように感じ、わたしの体験とお伝えしたいことを綴っています。必要な方に届きますように。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ツインレイトリプルレイ journey , 2019 All Rights Reserved.