Got created the universe

わたしの中のツイン、トリプル、わたしの関係

 
この記事を書いている人 - WRITER -
樂姫
ツインレイと出逢い、いよいよ執着を手放し自分らしく生きていくこと、表現していくことをはじめようとしていたその時、思ってもいなかった人と繋がりました。そしてツインレイでなければ起こらないことも経験し、彼をトリプルレイというのかわかりませんが、とにかく天は急がれておられるように感じ、わたしの体験とお伝えしたいことを綴っています。必要な方に届きますように。。

こんにちは。樂姫です。

 

昨日は、トリプルレイ?の彼から連絡が来ました。

 

現実にびっくりするような展開がどんどんやってきているようで、頭も心も身体もかなりきつい様子でした。

 

わたしは、心も??と疑問に思いました。

 

ここでいうびっくりするような展開というのは、自分のやっていることに対して、ものすごくいい展開がやってきていて、今までならあり得ないような人たちとどんどん繋がっている、思い描いた以上の展開になっているという意味を示します。

 

それって普通は、喜ぶところじゃないですか?

 

成果が現実として現れはじめたのですから。

 

それが、心も限界がきているって、意味がわからなくて。。

 

これが、この方の持つ深〜い闇なんです。

 

以前に、このかたは肉体を持つのが何億年ぶりくらいに久しぶりと書かせていただきました。

 

それ以前は、生命体として肉体を持たず、地球によく似た星を見守る存在だったそうです。

 

そして、その地球によく似た星を、守れず滅ぼしてしまったという記憶があるようなのです。

 

その星にも、人間のような生き物が住んでいて、その生き物によって星は滅んだそうです。

 

そんな記憶から、守れなかったことをとても悔やんでいて、肉体を持って地上に降り立つことの方が、はるかにパワフルに現実を変えられるため、今世、肉体を持つことを選んだようです。

 

その悲しい記憶の底に、人間のようなその生き物に対して、怒りに似た感情もあるようで…

 

人間の愚かさに触れると怒りとともに、絶対に同じことは繰り返してはいけないという強い強い迫られた感覚になるようで、自分でもなぜこんなに切羽詰まったようなものがこみ上げてくるのかと思うほどで、それはぬぐいきれないみたいです。

 

地球救済のために突っ走ってきたわけですが、命を失いかけて、自分を大切にしなければ本当の地球救済にはならない事を氣づいたタイミングで、わたしたちは出逢いました。

 

これからは楽しみながらやっていくよ、と言いながら、どうしてもその生命体の記憶が癒えないようにわたしは感じます。

 

今は次々とすごい展開がきているがゆえに魂は燃えていて、そのほかの全てをおろそかにしてしまい、また氣づくと限界に近くなっていて、無関心に無邪氣に地球破壊をしていく人間を見ると、やるせなくなってしまうようです。

 

そういったことを何も知らない人からは、奇跡をたくさん起こしてとても恵まれた人生を送っているように見えるのですが、自分の氣もちは誰もわからないという孤独を持っていて、わたしとやりとりしていても、またわかってもらえなかった、と孤独に入ろうとするのがとてもよくわかります。(ツインレイ にもこの孤独あります)

 

そして、わたしにはそういう闇の部分をぶつけてきます。

 

わたしも、彼を楽にしてあげたいと思ってしまうので、そういう言葉をかけるのですが、反発してしまいますね。

 

余計に疲労させているような氣もします。。

 

どうにか楽にしてあげたいという、相手をコントロールしようとするエゴが、すぐに相手の反応として現れます。

 

本当は、そういう全てを受け入れてあげられたらと思うのですが…

 

やはりツインレイ のことをおもうと、他の男性を心まで受け入れることに抵抗があるんです。身体やエネルギー的なものは、天が流れを指し示すなら受け入れられたとしても、心は無理と思ってしまう。

 

 

トリプルレイ?の彼の受け入れて欲しい=受け入れてもらえないが、わたし達のやりとりのベースなのかもしれません。(トリプル?の彼は無意識だと思うのですが)

 

これはわたしが、ツインレイ の彼にずっと思ってきたことです。

 

ツインレイ の彼に、受け入れて欲しかった、とずっと思っていたから。

 

わたしがトリプルレイ?の彼の全てを受け入れられるようになったら、ツインレイ の彼もわたしを受け入れてくれるのかもしれません。

 

あぁ…

 

なかなかハードルが高いです。涙

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
樂姫
ツインレイと出逢い、いよいよ執着を手放し自分らしく生きていくこと、表現していくことをはじめようとしていたその時、思ってもいなかった人と繋がりました。そしてツインレイでなければ起こらないことも経験し、彼をトリプルレイというのかわかりませんが、とにかく天は急がれておられるように感じ、わたしの体験とお伝えしたいことを綴っています。必要な方に届きますように。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ツインレイトリプルレイ journey , 2019 All Rights Reserved.