Got created the universe

ツインレイ カップルへの予祝

 
この記事を書いている人 - WRITER -
樂姫
ツインレイと出逢い、いよいよ執着を手放し自分らしく生きていくこと、表現していくことをはじめようとしていたその時、思ってもいなかった人と繋がりました。そしてツインレイでなければ起こらないことも経験し、彼をトリプルレイというのかわかりませんが、とにかく天は急がれておられるように感じ、わたしの体験とお伝えしたいことを綴っています。必要な方に届きますように。。

こんにちは。樂姫です。

 

 

先日、内田裕也さんがお亡くなりになられましたね。

 

ご冥福をお祈り申し上げます。。。

 

 

生前に、有名なアメリカの占い師さんに娘さんが、樹木希林さんと内田裕也さんのお二人を見ていただいた時、希林さんが先に亡くなったらちゃんと裕也さんを連れて行くから大丈夫!と言われたそうで、裕也さんが希林さんに「俺を連れて行くな」とおっしゃったそうです。笑

 

 

わたしは密かにお二人は、ツインレイ だったんじゃないかなあと思っています。

 

 

あんなに長い間、普通の夫婦の形に囚われず、誰に何を言われても、お二人のパートナーシップの形を貫いたことは、今の結婚という概念に疑問を与え、本当のパートナーシップとは?を、世間に訴えるきっかけになったのではないでしょうか。

 

 

今の結婚の概念や、恋愛の概念を壊すというのは、ツインレイ のお役目の一つであると思っています。

 

 

結婚したから、その後の人生は、身も心もその人一人という形は、わたしにはわかりません。

 

 

外側から決めるものではないですよね。

 

 

誰のための結婚なんでしょう??

 

 

わたしも結婚した経験がありますが、わたしの中に、謎の「結婚に対するチャレンジ」がありました。

 

 

結婚しても、自分たちは結婚に縛られない!!!

 

 

それを証明してみたかったんです。本当に謎ですが。笑

 

 

でも…

 

 

結婚って、紙切れ1枚と言いますが、その紙切れたった1枚が、ものすごい効力を発揮しますよね。笑

 

 

結婚された方はわかるかと思いますが、自分たちは影響を受けないつもりでいても、周囲の目?意識?がすごいです。

 

 

家族をはじめ、世間からも社会からも、「結婚している=この人は○○さんの奥さん」というレッテルがものすごくて、どこまでいってもそれはついてきました。

 

 

当時のわたしは、最初から結婚というものがそういうものだとわかっていなくて、彼氏彼女の感覚で、嫌なら別れればいいや〜なんて軽いノリで、一生という覚悟もなく勢いで結婚してしまいました。(元旦那さんにはとっても失礼なことをしたと思っています。)

 

 

なので、世間にも『結婚しているわたし』としてみるのではなく、ただのわたしとしてみて欲しくて、結婚が持つ集合意識が重くて重くて、なんなんだ!結婚!!!と反発したくて、「それでも自分は縛られない!」と証明したくて、元旦那さんと同居したり、別居したりを繰り返していました。(子どもが生まれても)

 

 

結局、14年ほどの結婚生活で、元旦那さんと同居していたのは3年あるかな?くらいの結婚生活でした。

 

 

元旦那さんは、大変だったと思います。。

 

 

ツインレイ の彼の存在を認識した時から(この時彼のことは、ただ苦手なタイプとしか思っていませんでしたが)本当に不思議ですが、わたしの結婚に対する思いが溢れ出てきてしまい、もう偽りや妥協で生きられなくなってしまいました。

 

 

それをそのまま、元旦那さんに伝えると離婚という形に踏み切る結果となりました。

 

 

最初の「現実崩壊」ですね。笑

 

 

この重〜い重〜い結婚の持つ集合意識は、どれだけの人の意識を縛り、思い込みの中に封じ込め、思考を停止させているのだろうと思います。

 

 

もちろん、素敵なパートナーシップが築けているカップルなら、結婚の重さなど感じずに過ごせるのだと思います。

 

 

わたしは、結婚の「重さ」を感じてみたかったのかもしれませんね。

 

 

そして、本当のパートナーシップとは?を知りたかった。

 

 

真実の愛を知りたかった。。

 

 

希林さん、裕也さんカップルが、肉体を脱ぎ、統合されたことは、多くのツインレイ カップルの予祝である氣がします。

 

 

とうとうツインレイ が統合されていく流れに入ったのでは?などと思っています。

 

 

そしていよいよ、ツインレイ カップルの共同創造が、世間の概念を破壊し調和のとれた世界を創造、再生していく。

 

 

今後のツインレイ カップルの活躍が楽しみです。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
樂姫
ツインレイと出逢い、いよいよ執着を手放し自分らしく生きていくこと、表現していくことをはじめようとしていたその時、思ってもいなかった人と繋がりました。そしてツインレイでなければ起こらないことも経験し、彼をトリプルレイというのかわかりませんが、とにかく天は急がれておられるように感じ、わたしの体験とお伝えしたいことを綴っています。必要な方に届きますように。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ツインレイトリプルレイ journey , 2019 All Rights Reserved.